いろいろな種類がある


シャンプーといえば、お風呂で髪を洗うときにメインとなる薬剤です。ですが、一口にシャンプーといっても実はいくつかの種類に分かれます。髪の傷み補修を目指す上で、まずは基本的な部分を押さえておきましょう。

厳密に分類すると多種多様に存在しますが、大まかには3つに分けられます。まずひとつは、高級アルコール系シャンプーです。シャンプーとアルコールと聞けば、少し特別なものに感じられるかもしれませんが、決してそうでもありません。

それどころか、市販されているシャンプーの大部分はこれに該当します。ラウレス硫酸Na・ラウレス-2硫酸アンモニウム・ラウレス硫酸TEAなどを洗浄基剤としており、洗浄力が強い反面、髪や肌に少々刺激が強いという点が特徴的です。

次に石鹸系です。これはいわば、自然志向系によく見られるタイプです。脂肪酸Na・脂肪酸K・石けん素地などが洗浄基剤になっており、自然素材ならではの洗浄力が期待できます。刺激は前述のものほど強くはありませんが、皮脂を取り過ぎることがあるため乾燥肌にはあまり向きません

そして最後に、アミノ酸系シャンプーです。洗浄基剤ラウロイルメチルアラニンNa・ココイルグルタミン酸Naはといったもので、洗浄力は低めながら、刺激が控えめで体質に限らず利用しやすいです。デリケートな肌のほか、傷んだ髪が気になる人にも適しているといえるでしょう。傷みが目立つ場合は、アミノ酸系が理想的です。